脱毛のメカニズム

脱毛

毛のサイクルと脱毛

ムダ毛の処理には多くの女性にとって悩みの種のひとつではないでしょうか。自己処理を重ねると肌のブツブツや、剃っても残るチクチクを解決できるのが永久脱毛です。人の体毛は約500万本あると言われています。そのうち外に出ているのは約3分の1です。つまりほとんどの体毛が皮膚の中にあります。そのため1度の脱毛ですべての毛がなくなるわけではなく、毛の成長のサイクルに合わせて脱毛を繰り返す必要があるのです。毛は表皮から上の部分を「毛幹」といい、表皮より下の部分を「毛根」といいます。さらに毛根の一番根っこの膨らんだ部分は「毛球」といいます。毛球の先端の「乳毛頭」から栄養を取り込み毛は成長します。普段目に見える「毛」と呼ばれるものは正しくは「毛幹」というものになります。永久脱毛の方法は大きく分けて2つあります。ニードル脱毛とレーザー脱毛です。ニードル脱毛は極細の針を、毛穴の一つひとつに差し込み電気や高周波を流すことで熱により毛根が破壊され、毛が生えなくなります。そしてレーザー脱毛は毛の黒い色素(メラニン色素)にレーザーを当てると、毛のメラニン色素に反応し熱を溜めます。その熱によって乳毛頭が破壊されます。破壊されると毛を作り出すことができなくなるため、毛が生えてこなくなるのです。いずれの方法も毛の「元」を壊して生えないようにすることで永久脱毛を可能にしています。現在多くのクリニックで取り入れられている方法はレーザー脱毛です。痛みも少なく、料金も比較的安いため敷居低くなっています。キャンペーンで何回やっても1000円前後なんて驚きの値段で永久脱毛にチャレンジできるプランもありますし、さらに安いなお試しプランもあります。自己処理ではなかなか綺麗にできない、処理が煩わしいという方は一度試してみてはいかがでしょう。また、ニードル脱毛はエステサロンなどでも行われています。気になるという人は、利用してみるとよいです。